スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回一派杯参加レポ

最低週一で更新していきたいですね。こんにちはツノです。
一派杯に行ってきたのでまとめ上げたいと思います

直前まで部活で行けなかったのですが、レギュラー達の事情で部活無くなりました。

やったぜー一派杯行くかーと坂戸までの経路を調べたところ、片道2時間over、運賃往復で3100円と凄っく行きにくいことが判明し……
1位がエクブ3box、2位2box、3位1BOXにスリーブ、4位1BOXという賞品を見て、『これは1位か2位じゃないと赤字じゃないのか……』と悩みつつとりあえず行くことに(

都心からは離れた場所での開催にも関わらず、32人も集まったのは凄いと思います。(池袋でやって欲しかった)

使用 旋風BF

しろくろ使用時から島風改4明石3を島風改3明石4に変えてます。

一戦目 黄フレ カノウさん 〇

後攻スタートの
デッキカット時、失敗されて島風改が見える。謝られて、黄フレだと教えられる。マリガン始めてレベ3切ると、『え!?、ラブライブじゃなかったんですか!?』
見間違えてたらしい.

お互い0で速攻かけつつ行くも、こちらクラマ引きまくり0で7枚見える。ヒーヒー言いながら暁で山削ってると、相手レベル1で静寂連動2面しながら静寂サーチされる。これはもう一枚自由研究持ってるなと思いながら2-4-2の4をギリ残ってた1枚で弾く。超優秀。相手の控えクラマ聞くと、6枚とのこと。6枚……?さっき二パン目に噛んでるし多分持ってるよな……?と思い、おそらくあの20枚近い山にクラマ無いぞと握り続けてた+2を叩きつけて3-4--4作る。相手1-5から3-1へ。一気に試合を持って行って相手のストックも足りず、詰められる前に詰める。

+2はチカラ!!

二戦目 青赤フレ 〇

後攻スタート
二戦連続GFつらつら。とりあえず相手のトロピカルワンパンスタートにドジっ娘出すと羅針盤。はわわ~(殺意)しょうがないので霞出してフロント。相手返しワンパン、キャンセルしてしまい0-3止まり。先上がりしなくてはならないので辛い。相手0-4なのでとりあえず暁で山削りドジっ娘前だし、ワンパン目ドラのって通ったら二パンするつもりでいると、ドラ乗らず通って相手0-5なので、ドローオカケン見えてなかったのでエンド。相手返しトロピカルトロピカルオレンジと3面するも、ドジっ娘割っただけでエンド。こちら0-5なのでドジっ娘効果で先上がる。相手の勘違いにより一気に優勢に。中央暁で山削り左右ガウルと明石明石してなぐる。中央のトロピカルに相打ち取られても取られなくても戦いやすいので聞くと、相打ち無しでガウルポリスガウルの面作られるも、左右はチャンプとサイドで楽に。リフしてクラマ貼りつつ殴ってくも、一面返されながらまあまあ相手2に上げれて、相手神楽坂にミラーガール剛力でこちらの上とって割られる。神楽坂スルーしながら羽黒連動しつつハンド整えていくも、その後助太刀圏外作れなく羽黒割られたりがあり、ダイレ面でのソウル差から追いつかれていくものの、ストックに余裕を与えないようにしていたため、レベ3にお互い入っても相手かぼちゃ一面に抑えられて、羅針盤もありしっかり耐えて返し勝ち。

相手のプレミによる勝ち

三戦目 エヴァ

上位卓にエヴァ…………!?!?


対面初めてです。エレベーターとユーロ空軍しか知らん

こういうタイトルとやると負けた時何言われるかわからんというのがプレッシャーなんだけど……

相手先行エレベーターワンパン。こちらドジっ娘、暁、霞絡めて3パンするとダイレクト1つはじかれ相手0-5へ。相手二パンで通り0-5へ。もう一度引いてきた霞で3パンすると三キャン。嘘だろ……。
二倍殴ってダメレ互角。吐きそう。
こちらクラマ結構引いててレベル1上がる前で残り3~4とかだったのでクラマ貼られなかったのは良かったけども初風引かなかったので扉で回収される。返し一相打ちのとこだけ開けるも初風も出してガウル2面だけ残し、面とってく。しかし相手レベ2に上がって初風焼かれ初号機出てきて面荒らされ、返しずっと速攻してたためハンド無く。ドジっ娘2枚居たので出す→寝る→明石→ドジっ娘出す→寝る

二パンしかできねーよ!!!

とりあえずソウルごまかすために+2貼ると6点通り相手3-2へ。こちら回復されてユーロ空軍のバーン含めレベ3に上げられる。
こちら明石で回収しつつレベ3並べるぞ……あれ?三ストックしかなくね?

ストック数勘違いしてました。とりあえず武蔵含め二パンしかできなかったものの、クラマ貼ると通って勝ち()

もうヴァイス引退します。

四戦目 アクアフォース カブトさん ✕

準決勝で身内。さすがに笑いました。
アクアフォースはとてもとても苦手なので当たりたくない筆頭です。勝ち筋無くない?

0からお互い速攻掛け合うも、こちらはアタッカーがうまく引けず、初風出したりしてた上、相手の潮改にドジっ娘刈られてボロボロに、テンポ取られてレベ3までダメレだけ追いついていく。ここで相手3-0こちら3-4で、こちら山に2/15くらいで、ストック4、ハンド武蔵大和改陸奥改で、回復して噛まなれけば生き残ると耐久の択取っていくも、2噛みしてしまい、負け。
ソウル足りずワンチャン作れないなら、クラマ引きに行って詰めの択取るべきでした。結果論でいえばクラマ引けてた訳ですが、1噛みでもすれば即死ならこのターン決めるしかなかったんですよね。

引けば老いるぞ臆せば死ぬぞ

五回戦 ニセコイ武器令嬢 〇

先攻スタート

0が霞だけなのでドロゴー。相手移動ワンパン。ドローセッツーで雷と霞引いたため完全に移動を封殺して雷を後ろに。相手0-6で二パンされ、こちらレベルあがる。明石初風ガウル込みで面作ると相手引き悪くチャンプしかできず。面とってガンガン殴っていき、お互いレベ2で出てきたゴリラ千棘を瑞鳳でボトムにシュートして、盤面崩壊させた後に二ターン羽黒連動2面すると相手クラマ削りきりこちらレベ2で勝ち。

相手の引き辛そうでした。こちらはほぼ完璧に回っていたのでまぁ

結果4-1で3位。つまり……赤字です。はい。1位か2位じゃないととか言ってるから

非公認3位までしか行かないですね……頑張って次のかがやき杯かふじぶさ杯では優勝したいと思います。ではでは
スポンサーサイト

しろくろフェスまとめ

さて、行ってきましたしろくろフェス。会場と同時に入り、次の日の2時ごろまでいたのでざっと22時間ほどいたことになります。
まず最初に、アジア予選に出てきました。

一戦目 レゾナンス

初戦レゾナンス(泣)名古屋で負けた痛い思い出が蘇ります。その代わり八月はレゾナンスと浴びるほど打ったし勝つぞと意気込む。
0であまり殴れずダメレはすこし不利で進むも、助太刀込み10kの面を形成してチェンジシナジーに対抗を試みる。しかしこちらあまり弾かず、相手のレベル2をほぼ飛ばすことに成功したものの、追いかけっこでストック作られて返し通り、そのまま負け

うーん……呪いかよ……


冬にイクサに向かって、「これ何のカードゲームですか?」とか天然の煽りをかましたせいでシャイニングシリーズに恨まれてるようです……
レゾナンス見て少し構築変えてたのに。残念

シングルエリミなのでここで終了。

しっかりと速攻をかけていけなかったのが敗因でしょうね。こちらのペースに巻き込めなかった。

その後はおるかさん達が来るまで赤黄GFの構築を弄ったりしつつ過ごし、メンバーが揃い始めると移動して、おるかさんとだいちゅうさんのフリーを見学。上手い人たちのプレイング見てると参考になりました。

その後はおるかさん、エーリアンさんとフリー。艦隊で青赤フレやニセコイとの経験値を積めたのは、次の日のネオスに繋がりとてもありがたかったですね。

夜も遅くなった頃、Frayさんという宝さいつよ勢の会長さんとフリー出来ることに。
リアルで会うととても紳士的で、Twitter上でのクレイジーな発言とのギャップで何より混乱しました。
当日発売された竿のデッキをと打てて、強さを実感しました。
しっかり宝の入ったデッキを回しているあたりさすがでしたね。

その後4時頃から寝落ちしてしまい、6時半頃に起床。ネオスに出る準備に取りかかる。

艦隊のめんどくさいキャラネームをデッキシートへ手書きで書き込み、提出。艦隊の弱さを構築から見た気がした()

その後オッシー君と2戦ほどフリー。対戦したかったのでラッキーでした。結果は負けと中断。むぅ

ここからはネオスのレポになります。

使用  旋風BF(初風選抜羽黒型バウンス搭載艦隊)

一戦目 ラブライブ! 〇

バウンスとショット型のラブライブ。相手のプレイングは後ろ残して二パンとか割と察しだったものの、こちらのダメージが止まらない止まらない。クラマ貼りながらなんとかして追いつきつつ先3レベに上がったのでとりあえず武蔵出して殴るとクラマ四枚固まってるゾーンで一気にクラマ消える。相手3-4で止まり回復と榛名、ドムが出てきてこちら3-1になり、ショットトリガー込みで2-3-(1)-3を作られる。
こちら山残りクラマ3で山はめちゃくちゃ厚かったので諦めてたものの、2キャッチ3キャンセルショットキャンセル3キャッチで3-6で残る。山に感謝しつつ大和改で詰め。

辛勝。余りにも辛い戦いでした。

次の試合まで、デッキの全てのカードに愛をささやいたりデッキをなでたりしながら時間を過ごし、次の試合へ

二戦目  素前アイマス 〇

初風の独壇場だとニヤニヤしてたんですが、0で速攻かけていくと通りはするんですがこちらがはじいてしまったり相手が回収したりで4ターン目でハンドが尽き気味に。三コスアンコと明石で持ち直して相手にストックとハンドの余裕を与えず、春香キャノン放たせずに押し切り勝ち

この間もデッキに愛を語りかけたりしながら待つ。だって全3が言ってたじゃん?デッキ口説き落としたら勝てるって。

三戦目 ミク 〇

相手0でシロクマ等のライン高いの出せなかったので踏み荒らしながら速攻。1は75を3面立てて助太刀構えて有利に試合を運ぶも共鳴と2/1ガウル出てきて辛くなる。ガウルだけ処理しつつ殴っていき、相手3-6こちら3-3で、相手2面回復しつつ2-3-3(ダイレクト)打点作ってきたので、最初通り、次の3に羅針盤当ててかわし、ラストのダイレクトは運次第でしたが山はしっかり作ってたのではじいてくれて勝ち。
相手は8扉だったのでハンドが終始きつそうでした。

愛の勝利や!

そこからはまたカードを1枚ずつ引きながら愛と感謝を語りかけ続けるアブナイ人になり次の試合を待つ。

4戦目 青赤フレ 〇

ついに当たったかぁ……という感じ。相手は4扉4ストブの構築。まだ初風が効く相手で良かった。

先行初風置いてドロゴー。相手の出してきたキャラにフロント取るだけの超絶ゆっくりした0帯をしっかりこらえながらやり続け、相手0-6,こちら1-2ぐらいで先上がり出来る。対島風フォーメーションを展開した後はレベル1を完全に制圧して試合を有利に運ぶ。相手レベル2になり、レベル応援と神楽坂を出してくるも助太刀で同値とって返す。ここで三コスアンコしてくれたので相手をとっとと3に上げて、バーン複数放たせる余裕を消す。次のターンかぼちゃは島風改と陸奥で上から踏み潰し、返し羅針盤で耐えて大和改で詰め。

青赤フレとやり込んだ成果が出た試合展開でした。嬉しかった。


最終戦までデッキに慈しみの目を向け、感謝をし続けること5分。ついに予選もラストとなりました。

5戦目 黄フレ 〇

なんというか、相手を先上げしようと速攻かけていくのは成功したものの、そのペースを保って殴り続けると相手ほぼキャンセルせず2-6リフになり、こちらもキャンセルしなかったため追い込まれつつも大和改で詰め。


相手がキャンセルしませんでした。負けるわけがないわなぁ。

全勝が8人決まったため予選終了。内訳はGF4のニセコイ艦隊テラフォ竿各1

環境の縮図ですね。ここまでうまいこと出るのも珍しいですが

一敗ラインからはカムバックもらったギルティや何とFTも抽選で上がり、なかなか混沌としたトーナメントになりました。


決勝トナメまで15分ほどあったので軽く糖分補給しつつ待つ。

決勝トナメ一戦目 ギルティ ✕

相手集中×2と移動と言う最高のスタート。こちらは相手の追加わからないのでとりあえず二パン。ここが多分最大のプレミだったんでしょう。しっかり速攻をかけていくべきだった。相手に移動返してしまい、そこから集中でハンドを維持され続ける。こちらは明石が引けず、ハンドが保てないままゲームが進み、相手の75ラインをこちらは70しか出せず、相手に一リフを許す。そこから鬼のキャンセルされ続け、集中2ヒットは当たり前が続き、レベル2でも超高率の山を作られてなすすべなく武蔵3面で死亡。

相手の回りが神がかってたとか、こちらが引き弱かったとかそういうことより、基本の速攻をチキってやめた私の心の弱さが招いた負けでしょう。  あと、決勝トナメ前の待ち時間にデッキに愛をささやいてなかったことが原因かもしれないですね()


結果はベスト16止まりでしたが、ここまでやってくれたデッキには感謝してもしきれません。後期は出れて東京タイカプだけなので、非公認に焦点を当ててこれからも精進していきたいです。
そして、会場でフリーしてくれたおるかさん、Frayさん、エーリアンさんにオッシー君にカブトさんありがとうございました。

とりあえずデッキレシピ上げときます。ではではまた。

自分のデッキと環境と(地元帰省中)

香川にいると書くことがないですね
とりあえず地元で回してて思うことを

赤青GF強いですね。このデッキの対策のために風を積む人も増えているとか
総合的なカードパワーではニセコイには劣ると思いますが、ニセコイがペンダントに回している手間を考えると、使うコストと得られるメリットの利益率はずば抜けていると思います。
今のところは使い慣れた初風艦隊を使ってはいますが、青主軸の扉無しが多くを占めていること、風が流行ってることから逆風ではあると思います。しかし、速攻という戦い方なら、あえて響でなく、これでもいいんじゃないかなと思えるところも多くあります。

まず、メイン色が青なので、明石と羽黒が自然に積めます。その結果門が入り、0のドジッ娘と合わせて、高い継戦能力があると思います。
3パンクラマと言い続けて、最後に大和改で押し込む。その時に、ストックやハンドをちょうど使い切るように厳しく立ち回りを管理できれば、相手よりダメージレースで優位に立ち続けられるのではないかと。後、レベル1で757575助太刀の構えを取れるのも強いですね。先上がりを狙い蓋をすることも、3パンでダメレを優位に運び続けることも出来る。
最近ABを回すのにはまっていて、艦隊でも速攻を意識した回し方をした方が勝率はよさげだったのでそのように

赤主軸の八扉だったりして108500アンコが出てくると割りに行きづらいですが、そこは扉縛ってるし島風改含めて触れに行きつつ1で使ったストックを貯め直す前に打点入れていければトントンかなとか

後レゾナンスなかなか強いですね。赤青とニセコイに強く出れ、初風に引っかからない。あのデッキ多分回せないけど……

艦隊的にはこの大幅な環境の変化により、苦難の時代が来そうですね。まぁ来年の今頃までには追加が来てるでしょうが

トリオやCS向きと言ってましたが、正直赤青GFニセコイレゾナンスや赤青GF黄GFニセコイのような配分の方が勝てそうですね。

それではそれでは。しろくろネオスとアジア予選頑張ります。

BCF名古屋レポ

久しぶりの更新です。
カード解禁されました。その一発目としてBCF名古屋行ってきたのでまとめようかと思います。なお、調整……

地区の空気のお勉強だからいいんだ、そう思うことに

前日の夜に名古屋入りしてネカフェに泊まる。もう少し早く着けば前日組に声かけて調整付き合ってもらえたかもしれないけど、22時すぎだったので自重

当日は8時過ぎから現地入り。おっしー君、マツケン君、蒼嵐君とエンカして、おっしー君と蒼嵐君はだいちゅうさんとトリオらしいので別れる。マツケン君はTwitterで見たことあったけど会うのはほとんど初めてだったけども、いい人でした。

使用デッキは青黄BF。本当は三隈のつもりだったものの、武蔵を忘れるという痛恨のミスで組み替えれなくなる。

それでは試合のレポ大体の大筋はあってるはず……

1戦目 KOF ○

相手スリーブKOF、名札にはKOF。当たり方には恵まれましたが、負けると何言われるかわからないので緊張。試合はお互いがキャンセルせずにCXを引き続け、相手は噛みトントンという状況。相手に少し打点が入り、こちらが2の中盤、相手3-2からアッシュ2面連動されお互い3-0に、こちら山厚かったものの、2つはじいてくれて感謝。こちら残り2/15で、相手3-0で詰められないと思い、らしんばん握ってたので適当に1面だけ超え1-1-1で殴る。2回目のアタックでドラドラ噛む。やばい山残り1枚だ死ぬと思いながら3回目殴るとドラドラ。勘弁してくれ……11確の山ができて天を仰ぐも何故か素通りして勝ち。配置ゲーすぎな

ドラドラは詰め!

試合後かめさんとエンカしたので話しながらマッチングを待つ事に、マツケン君、ヨッシーさん、ネグせんさんと合流する。

2戦目 島風赤城 ○

打って変わって相手は苦手な島風赤城。こちら全く後列を引かず、暁で探しに行くも無く暁を加える流れ、相手ドラドラ噛み打点先行される。1帯先上がりできたものの、後列は暁で埋まる。この時から山率だけ作ってハンドはギリギリ持たせて、どうしようもない時のみ3コスアンコで行くことに。とりあえずレベル0出して盤面同値取って、島風のエサ消しすると相手島風暁大鯨に後列明石明石と作り、シナジーせずになぐってくる。こちら打点少なかったので1レベで止まり、次なんとか1リフできるようになる。大鯨大鯨レベル0で1001貼って殴ると、島風のところを助太刀で返される。通って相手2の中盤でリフ。次シナジー使われるも、1面しかキャラいなかったのでそこまで辛くなく、こちら2の中盤まで、クロツーで大和改大和改と引いたので、0を3コスアンコしたのと、羽黒と島風改出してシナジー。陸奥を加える。3パンで相手3-3まで、相手赤城赤城赤城赤城とするも、2つ弾きこちら3-1まで。ドローで大和改引き、8ストックあったので詰めの択を取り、大和改3面に1面2重ショット付与して殴る。アタックキャンセルされ2重ショット。3-5に。アタックキャンセルされショット。3-6に。アタックらしんばん打たれるも当たらずキャンセルされショット。勝ち。気持ちよすぎる

3戦目 レゾナンス ×

なぜ負けたか良くわからないまま負けた試合。とりあえず一周目2キャン3キャンからの集中使用せず1リフ3キャン2帯耐久は心折れる。こちらはほとんどキャンせず煌龍使われるまでもなく負け

魔の三回戦……もうタイカプも出れねーのに……

他の艦隊が全員落ちることを願いながら4回戦へ()

4戦目  ラブライブ穂乃果単 ○

8扉だったので純正じゃない。それが裏目だ初風発動!と初風先行で立てて大分有利に、お互い1に上がり、相手の1/1ほのかにパワー勝てないところが出来たものの、控えのクラマ枚数聞くと7枚。前のターンかんでたのであの10枚の山はダメージ確山。というわけで+2はって割れないところを1面サイドして打点優勢に、こちらはそこそこ弾きそのまま打点差つけて勝ち。

かめさんとネグせんさんも一敗ラインで残ってる模様。ここで勝ったらネグせんさんの刀語抽選間違いないので頑張って欲しいと思っていた時期が私にもありました。


5回戦 刀語 ○

目の前には身内。スリーブは刀語。なぜここで当たる……

試合はこちら後攻なものの2パンしかできず、相手3パンでこちら先上がり、明石初風にガウル3面して面取ると、相手ひとつしか超えれず扉も機能しないのでハンドがきつそう。相手レベル2に先上がりしてシナジーで早だしするも、ストック足りずバーンはできない。こちら踏めないのでそこはチャンプしつつ打点だけ入れる。ダメージ入れつつ大和改大和改で詰め。



結果4-1、抽選へ
決勝に上がってないタイトルからの抽選ということで、自分とかめさんの艦隊は抽選ボックスに入ることすらないまま終了。

レゾナンス二人いて1人全勝1人4-1だったよう、出たばかりのタイトルでそこまで行けるのはすごいですね。ゼロ魔を回しなれてる人にはわかりやすいタイトルなのかなと言う印象。
私と当たった以外のKOFもいて、その方は抽選行ってました。さすがとしか言えない。
GFはあまり見ませんでした。まだ調整が間に合ってないのかと、しろくろでは増えそうですね。

地区で艦隊というタイトルを選択したのはミスな部分が多少はあるのではと思いました。一敗ラインで抽選のチャンスの無いタイトルを握るということは、最低五連勝しなければいけないということなのでとても辛いです。タイトル的には、とても安定しているタイトルなので、CSやトリオなどにはとても適していると思いますね。

最後に、会場で絡んでくれたかめさん、マツケン君、ヨッシーさん、ネグせんさんありがとうございました。ネオスで空き時間に人と話すのは精神的にリラックスできました。

夏は地元の友達と回しまくります。しろくろにはトリオで出たいな。ではでは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。