スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しろくろフェスまとめ

さて、行ってきましたしろくろフェス。会場と同時に入り、次の日の2時ごろまでいたのでざっと22時間ほどいたことになります。
まず最初に、アジア予選に出てきました。

一戦目 レゾナンス

初戦レゾナンス(泣)名古屋で負けた痛い思い出が蘇ります。その代わり八月はレゾナンスと浴びるほど打ったし勝つぞと意気込む。
0であまり殴れずダメレはすこし不利で進むも、助太刀込み10kの面を形成してチェンジシナジーに対抗を試みる。しかしこちらあまり弾かず、相手のレベル2をほぼ飛ばすことに成功したものの、追いかけっこでストック作られて返し通り、そのまま負け

うーん……呪いかよ……


冬にイクサに向かって、「これ何のカードゲームですか?」とか天然の煽りをかましたせいでシャイニングシリーズに恨まれてるようです……
レゾナンス見て少し構築変えてたのに。残念

シングルエリミなのでここで終了。

しっかりと速攻をかけていけなかったのが敗因でしょうね。こちらのペースに巻き込めなかった。

その後はおるかさん達が来るまで赤黄GFの構築を弄ったりしつつ過ごし、メンバーが揃い始めると移動して、おるかさんとだいちゅうさんのフリーを見学。上手い人たちのプレイング見てると参考になりました。

その後はおるかさん、エーリアンさんとフリー。艦隊で青赤フレやニセコイとの経験値を積めたのは、次の日のネオスに繋がりとてもありがたかったですね。

夜も遅くなった頃、Frayさんという宝さいつよ勢の会長さんとフリー出来ることに。
リアルで会うととても紳士的で、Twitter上でのクレイジーな発言とのギャップで何より混乱しました。
当日発売された竿のデッキをと打てて、強さを実感しました。
しっかり宝の入ったデッキを回しているあたりさすがでしたね。

その後4時頃から寝落ちしてしまい、6時半頃に起床。ネオスに出る準備に取りかかる。

艦隊のめんどくさいキャラネームをデッキシートへ手書きで書き込み、提出。艦隊の弱さを構築から見た気がした()

その後オッシー君と2戦ほどフリー。対戦したかったのでラッキーでした。結果は負けと中断。むぅ

ここからはネオスのレポになります。

使用  旋風BF(初風選抜羽黒型バウンス搭載艦隊)

一戦目 ラブライブ! 〇

バウンスとショット型のラブライブ。相手のプレイングは後ろ残して二パンとか割と察しだったものの、こちらのダメージが止まらない止まらない。クラマ貼りながらなんとかして追いつきつつ先3レベに上がったのでとりあえず武蔵出して殴るとクラマ四枚固まってるゾーンで一気にクラマ消える。相手3-4で止まり回復と榛名、ドムが出てきてこちら3-1になり、ショットトリガー込みで2-3-(1)-3を作られる。
こちら山残りクラマ3で山はめちゃくちゃ厚かったので諦めてたものの、2キャッチ3キャンセルショットキャンセル3キャッチで3-6で残る。山に感謝しつつ大和改で詰め。

辛勝。余りにも辛い戦いでした。

次の試合まで、デッキの全てのカードに愛をささやいたりデッキをなでたりしながら時間を過ごし、次の試合へ

二戦目  素前アイマス 〇

初風の独壇場だとニヤニヤしてたんですが、0で速攻かけていくと通りはするんですがこちらがはじいてしまったり相手が回収したりで4ターン目でハンドが尽き気味に。三コスアンコと明石で持ち直して相手にストックとハンドの余裕を与えず、春香キャノン放たせずに押し切り勝ち

この間もデッキに愛を語りかけたりしながら待つ。だって全3が言ってたじゃん?デッキ口説き落としたら勝てるって。

三戦目 ミク 〇

相手0でシロクマ等のライン高いの出せなかったので踏み荒らしながら速攻。1は75を3面立てて助太刀構えて有利に試合を運ぶも共鳴と2/1ガウル出てきて辛くなる。ガウルだけ処理しつつ殴っていき、相手3-6こちら3-3で、相手2面回復しつつ2-3-3(ダイレクト)打点作ってきたので、最初通り、次の3に羅針盤当ててかわし、ラストのダイレクトは運次第でしたが山はしっかり作ってたのではじいてくれて勝ち。
相手は8扉だったのでハンドが終始きつそうでした。

愛の勝利や!

そこからはまたカードを1枚ずつ引きながら愛と感謝を語りかけ続けるアブナイ人になり次の試合を待つ。

4戦目 青赤フレ 〇

ついに当たったかぁ……という感じ。相手は4扉4ストブの構築。まだ初風が効く相手で良かった。

先行初風置いてドロゴー。相手の出してきたキャラにフロント取るだけの超絶ゆっくりした0帯をしっかりこらえながらやり続け、相手0-6,こちら1-2ぐらいで先上がり出来る。対島風フォーメーションを展開した後はレベル1を完全に制圧して試合を有利に運ぶ。相手レベル2になり、レベル応援と神楽坂を出してくるも助太刀で同値とって返す。ここで三コスアンコしてくれたので相手をとっとと3に上げて、バーン複数放たせる余裕を消す。次のターンかぼちゃは島風改と陸奥で上から踏み潰し、返し羅針盤で耐えて大和改で詰め。

青赤フレとやり込んだ成果が出た試合展開でした。嬉しかった。


最終戦までデッキに慈しみの目を向け、感謝をし続けること5分。ついに予選もラストとなりました。

5戦目 黄フレ 〇

なんというか、相手を先上げしようと速攻かけていくのは成功したものの、そのペースを保って殴り続けると相手ほぼキャンセルせず2-6リフになり、こちらもキャンセルしなかったため追い込まれつつも大和改で詰め。


相手がキャンセルしませんでした。負けるわけがないわなぁ。

全勝が8人決まったため予選終了。内訳はGF4のニセコイ艦隊テラフォ竿各1

環境の縮図ですね。ここまでうまいこと出るのも珍しいですが

一敗ラインからはカムバックもらったギルティや何とFTも抽選で上がり、なかなか混沌としたトーナメントになりました。


決勝トナメまで15分ほどあったので軽く糖分補給しつつ待つ。

決勝トナメ一戦目 ギルティ ✕

相手集中×2と移動と言う最高のスタート。こちらは相手の追加わからないのでとりあえず二パン。ここが多分最大のプレミだったんでしょう。しっかり速攻をかけていくべきだった。相手に移動返してしまい、そこから集中でハンドを維持され続ける。こちらは明石が引けず、ハンドが保てないままゲームが進み、相手の75ラインをこちらは70しか出せず、相手に一リフを許す。そこから鬼のキャンセルされ続け、集中2ヒットは当たり前が続き、レベル2でも超高率の山を作られてなすすべなく武蔵3面で死亡。

相手の回りが神がかってたとか、こちらが引き弱かったとかそういうことより、基本の速攻をチキってやめた私の心の弱さが招いた負けでしょう。  あと、決勝トナメ前の待ち時間にデッキに愛をささやいてなかったことが原因かもしれないですね()


結果はベスト16止まりでしたが、ここまでやってくれたデッキには感謝してもしきれません。後期は出れて東京タイカプだけなので、非公認に焦点を当ててこれからも精進していきたいです。
そして、会場でフリーしてくれたおるかさん、Frayさん、エーリアンさんにオッシー君にカブトさんありがとうございました。

とりあえずデッキレシピ上げときます。ではではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。