スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよレシピの変更点と宝さいつよ杯簡易レポ


どうもこんばんは、ツノです
時間が経ってしまいましたが、宝さいつよ杯に出たのでそのレポートと、使用したぷよぷよを前に書いた構築から変えていたので記事にします。

それではまずレシピの変更点を

・ほほうどり3→ぷよ凛3

・Xルックアミティ2→Xルックアミティ1、早出し相殺シェゾ1



ほほうどりに関しては、(大会の特色もありますが)環境的にToLOVEると物語の2強と私は考えてまして、実際CSなんかの使用デッキや上位レシピ比率を見てもその通りと言えるはずです。

ToLOVEるの追加で相手前面移動が来たことにより、中学生と合わせて霞効果が使いにくいマッチングが今後おそらく半数を超えるだろうと思ったのがこれを抜いた最たる理由ですね。

そして、代わりに入ったぷよ凛ですが、これはまず先行での移動の強さが薄い状況が、トーナメントで物語の占める割合が多いことを原因として出てきています。よって、先行で出せば、中学生や移動ヤミが単体で抜けないラインを作れるこいつが入った訳です。まあどちらにもショートカット互換はあるわけですが、これ以上が無かったから仕方ないです。

ひそひそ話に関しては、物語ToLOVEるどちらも応援に優秀なものが採用されていることなら3500+500を作られやすいと感じて素4000を優先。

先行でこいつを前に出して後に移動を添えておくと嫌がらせをしやすいかも知れません。

ほほうどりが無くて少し後攻3パンがきつく2パンになる時でも、ぷよ凛2面やぷよ凛+移動が相手にプレッシャーをかけやすかったのも魅力でした。


後はルックアミティを減らして早出し相殺シェゾを入れたんですが、これはほぼ昔話ピンポイントのメタのつもりです。cipである程度仕事する小咲や杏、多面しやすい神楽坂とちがって昔話は最後まで残り続けることで強みを発揮し続けるもので、アルルショットとの相性が悪いためなるべく早急に処理したいですので。


こうして多少構築を変えて挑んださいつよ杯。内訳はというと

1回戦魔術 しゃんみさん〇

2回戦物語 カノウさん〇

3回戦SAO 〇

4回戦物語 エーリアンさん×

と最後の負けで惜しくも決勝トナメに行けませんでした。

1回戦はレースはつけられるもののいつハルが多投されていたため相殺がただのエサに。相手の手枚数はもう見ずアルルと対応を三枚目抱えて相手をなんとか2-6にし、4-4-4の全員2重ショットで殴りに行く。最初と負って3-3、次弾かれショット入って3-5、相手の手に回魔があるのはわかってたのでラストどうすっかなあ……と思い、山的に4点の通りにくさと残りドラ考えてサイド、ドラのって1から2っていって勝ち。嘘臭いwww


2戦目は緊張でちょくちょく変なプレイしながらもレース取れたのでそれを守りながら相手をレベル3に上げシナジーしてショットぶっ込んで勝ち。カノウさん申し訳無かった

3戦目は相手絶剣採用で、途中相手の1がすっ飛んで行ったので攻めまくる。りすくま2面がずっと帰ってきたのでレースはさらに広がり、ラスト2-4からシノン2面されワンチャン作られるも弾いて返しアルルばよえーんで勝ち。

4戦目は途中レース取られるも、なんとか相手をレベル3に上げてこちら3-0で1面のみ生きてる状況で返し、次にアルル3面できるように準備しておくも3-3-3にドラのって大正浪漫の上から全部通って負け。



ToLOVEるに重視した0帯構築なのにToLOVEる踏まなくて拍子抜け。4戦目はせっかく昔話出たのにシェゾが埋まっててもってこれなくてデッキの肥やしになってたwww


今回は短いですがこの辺で。次は下手したらまた1ヶ月ほど開くかも知れません。でも頑張って時間見つけて最近回してた響艦隊とか今考えてる響艦隊のレシピとか書きたいな!では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。